私がアクセサリー作成に挑んだキッカケは

私はハンドメイドとは無縁で、ボタンつけも出来ないくらい手芸が苦手でした。
そんな私が就職して配属されたところが手芸用品店。
手芸用品の基礎知識から勉強することになってしまいました。
しかし、お客様がハンドメイドを楽しんでいる姿を見ているうちに「私もやりたい!」と思うようになり率先して研修を受けに行ってました。
その中にビーズワークもあって一番苦手な細かい作業なだけに憂鬱でしたが講師の方が簡単に作れるネックレスを研修材料に選んでくれたんです。
「え?こんなに簡単に作れるの?」と驚いた私はアクセサリーの作成キットを購入しては少しづつ作り始めたんです。
きっと、講師の方は初めから作り方が難しいとハンドメイドが嫌いになると思ったのでしょう。
作り慣れてくるとキットでなくても必要な材料を自分で選べるようになって、コレクションのようにパーツを集めていた時期もありました。
一時期はアクセサリー作りからはなれていましたが、最近自分だけのオリジナル作品作りに勤しんでいます。作ってる間も楽しんでますよ。