アクセサリー作成を学べる学校

初心者でアクセサリー作成をしてみたいという人もアクセサリー作成を
本格的に学んでジュエリークリエイターを目指したいという人も通っている
学校がJJCAです。
JJCAではアートワックスと呼ばれるアクセサリー作成の技術を学びます。
この技術を学ぶことで初心者でもアクセサリー作りが簡単に行えると
言われています。初心者からジュエリークリエイターを目指すことも可能になるのです。
アクセサリーを作る時、まずは原型を作らなければいけません。
原型作りではワックスから作るもの、金属を加工して作るもの、パソコンで
デザインして作るものがありますが、アートワックスはワックスでの原型作りを
より行いやすくした技術となっています。やり直ししやすく自由に形を作りやすいのが
特徴です。アートワックスでアクセサリーを作る場合、道具も少ない数で
済みます。費用を抑えてアクセサリー作りを楽しめます。最終的な仕上げは
職人さんにおまかせすればOKでだれでもオリジナルアクセサリーを完成させることができます。しっかり学んでみたい人は通ってみてください。

流行りのレジンアクセサリー作成をやってみた

最近では定番のハンドメイドアクセサリーといえばレジンですよね。
レジン液(樹脂)をUVライトに当てれば固まるので、形成が簡単で型に流したり、紙に塗って補強したりと使い方は自由です。
ハンドメイド作品に憧れて作ってみたことがあります。
最初はキットを使いました。
そのときはUVライトを持っていなかったので、日当たりのいい場所に置いて自然の紫外線で固めました。
色の付け方やパーツのくっつけ方がすべて説明してあったのでとても作りやすかったです。
キットを作って作るのが楽しかったので、後日UVライトを購入しました。
自然の紫外線だと固めるのに晴天時に10分ほどかかりますが、UVライトだと天候に左右されずに5分程度で固まります。
UVライトがあれば夜に作業ができるので便利ですね。
ピアスやネックレスにするための金具や工具、レジンの色付けに使うものなどを揃えました。
キットなしにすると細かいパーツをそろえる必要はありますが、自由度があがるのでデザインするのが楽しかったです!
今は100均である程度道具が揃うので、始めやすいと思います。

購入したチャームでアクセサリー作成!

この前、手芸ショップ・トーカイへ行ったら、可愛いチャームがまとめて安く売られていました。
アンティーク調のチャームは、革と組み合わせてストラップやネックレスを作るためのものみたいです。
同じ場所に革もいくつか置かれていたので、私もやってみたいなと思いましたが、革の加工って難しいイメージがあり、なかなか手が伸びませんでした。
でも、チャーム自体はいろいろと使えそうだから、いくつか購入してきましたよ!
私が選んだチャームはハイヒールの形や王冠モチーフのものです。
これを使って、アクセサリーを作りたいなと思いました。
組み合わせるのは、以前壊れたカバンを処分するために外しておいた金属のパーツです。
マルカンを組み合わせてチャームを取り付けるともうそれだけでアクセサリーとして使えそうな感じになりました。
ちょうど色味も同じ系統なので、全然違和感がありません。
今持っているカバンにアクセサリーを付けられたらいいなと思っていましたが、なんだかそのかばんにピッタリ合いそうな気がします。
もう少し工夫して可愛らしく仕上げたいなと思います。